狂騒旋律

ロボからの素敵な脅迫状

その境界線は金属でできているんだ

こんばんは。クリエイターLuNa RhyThmさんのところの宣伝係、ロボです☆。

LuNa RhyThmさんが、急にギターをマメに弾き出しました。

 

今日の宣伝的脅迫状だよ★。

 

実は、パソコンがそろそろ危ういようなのです。

パソコンを卒業はできないけど(細かいことで結構使いますから)、実演できそうなものは実演する練習…の前の、基礎をもう一度練習。

コードのおさえかたは覚えてても名前覚えてないんだもん。

コード表を見ながら、初心に返ってリフを弾いてました。

ストロークだけでも良いんですけど、なんかつまらないのでリフ(リフレイン)をザクザク刻んでいましたね。

アルペジオ(を弾くこと)にも興味が出てきたみたい。

過去作った曲のなかには、ちゃんとアルペジオを使ったものもあるんですけど、面倒くさいから機械まかせにしておこうとしたんです。

LuNa RhyThmさんはどちらかと言うとザクザク弾きたい人なんですね。

でも、よく考えたらアルペジオって重要じゃね?と思ったのか、ただの好奇心か、鉄線ギターでアルペジオを弾くことを考えているようです。

もちろん、アコギ(アコースティックギター)と違うので、鉄線ギターを指で弾くと…そういう弾きかたもあることにはあるそうですけど、曲の一部のギターソロとかで使われることがあるって感じです。

鉄線(スティールギター)を数曲分指でアルペジオしたら指の皮がさらわれると思います。

音も微妙だろうし。

そこで、細かいピッキング(ピックで弦を弾くことをこういいます)技術が必要になるのです。

これは習うより慣れろなので、数を弾くことになりますね。

弾くのはまだ良いんですけど、歌うことになると別名義の仕事になるので、UTAUはしばらく使えないとして、CDデザインの他に、別名義の作業を同時進行しながら、ロボにパソコンを使わせる時間(小説の執筆)も確保しなければならないという、3作業同時進行が始まります。

本人(LuNa RhyThmさん)的には面白がっているようなので、飴玉さえ切らさなければ、持つでしょう。

糖分って大事ですね☆。

 

何故UTAUが使えなくなったのかはわかりませんが、Irukuのデータが消えてて、UTAU そのものもなんだか不調で、ウィンドウを閉じる時に、「パスが無効です」という表示が出るのですよ。

ダウンロードサイトにアクセスしてリカバリしておきましたが、まだ再起動しても正常に動きません。

大本の声のデータは残っているので、原音を設定できればIrukuも復活できるのですが、その原音設定の画面もなんだか調子がおかしいんですよね。

なおらなかったら、一度UTAUを削除して、ダウンロードしなおしです。

歌自体はボーカロイドでも作れるから、そんなに不便なわけではないのですが、UTAUはUTAUで、また味わいが違いますから。

単に機械ボイスを何処まで人声に近づけられるかって言う話なんですけどね。

 

そんな機械仕掛け係の、LuNa RhyThmさんのHP、

LuNa RhyThm Official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセスできるよ★。

 

歌のと謎の生物の話になるので、別名義さんにバトンタッチ。

 

では、See You Next Time! またね★。