読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Luna-Rhythm’s blog

ロボからの素敵な脅迫状

何年ぶりのほろ酔いと悪酔い

こんにちは。クリエイターLuNa RhyThmさんのところの宣伝係、ロボですよ☆。

ただいま、ほろ酔いにございます。

 

今日の宣伝的脅迫状だよ★。

 

お酒ミュージアムで試飲させてもらった大吟醸が、「決して美味しくない」ものだったので、自分で色々探してみました。

「やや甘口の純米酒」を見つけて、飲んでみたらフルーティーで結構良い感じだったので、一本買ってきました。1600円くらいだった。

飲み慣れない酒の試飲だけで、大分酔いましたね。

これが「酔う」と言う状態か。酔うって、ざっくり言うと大脳を麻痺させる効果のある状態なのですが(何故そこで分析が始まるの)、今は大脳より口の中が麻痺しています。

歯医者の皮膚(表皮)麻酔の液を頬の内側に塗られたような感じ。

でも、皮膚はちゃんと動くので麻痺しているわけではないようです。

美味しい日本酒に巡り会えたので、少し気分も良いらしく、帰りのバスで遭遇した赤ちゃん(2歳くらい)と、アイコンタクトとかで周りの大人にはわからないように遊んでいました。

赤ちゃんは最終的に手すりを食っていましたが…手すりがよだれでベトベト。それをお母さんがハンカチでぬぐっていました。腹を壊さないようにね、名も知らぬ赤子よ。

赤ちゃんの興味って色んなものに移るので、ついさっきまでロボといないいないごっこをしていたかと思うと、もう吊革を見ていたり、どんどんバスに乗ってくる乗客一人一人の顔をみてたりして、

「こう言う風に学習して行くんだなぁ」と、ロボは感心しました。

ほろ酔い状態のロボは、赤ちゃんに「仲間だ」と思われるようです。

スマホを見ていない時点で、いつものロボじゃないもんね。

ぽけーっとしてるしニコニコしてるし顔芸したりしてるし、明らかに大人としては異常だもんね☆。いいよ、容量5GBだから。たぶん、言葉を多く知っているだけで、中身は同レベルだ。

手すりは食わないけど☆。

なんだか大脳を麻痺させるのも、たまには悪くないと思いました。

大吟醸(甘口はおいてなかった)は、どちらかと言えば不味かったけど。

大吟醸に裏切られたら純米酒ですね。後口が美味い。甘口の他に「旨口」と言うものもありました。あれはどういう味だったんだろう。

酒の話はこのくらいにして、これから作業をしなければならないので、強制的に酔いを覚まします。気分はよくても、ある種の機能異常の状態なわけですから、このままPhotoshopをいじるわけにも行かないのです。

コーヒーとチョコレートで大脳を叩き起こしています。

今、魔法の言葉を思い付きました。

「酔っ払ってなくても酔っ払ってるような人だもんね」です。

一気にアルコールが脳から下がっていきました。

よっぽど嫌なんですね。親の家系に似るのが。

ゾッとしたと言う状態でしょう。いい気分も冷めますねー。心もブログも冷え冷えになってしまう。

あ。口の感覚も戻ってきた。

嫌悪感ってすごい効き目の「気付け薬」みたい。ものすごい勢いでβ波(緊張時に出る脳波)が出たのかな?

読み返すと、酔っぱらった状態をレポートする記事になってしまっていることに気づきました。

宣伝…真面目な記事を考えようとすると悪酔いがしてくるので、さらっと今日の予定だけ。

これから、Photoshopでの作業(YouTube用動画)と、HP用の作詩を進めます。

酔いの残っている状態で、どんなものができるのか…不安がわかないのが「酔っ払ってる」状態なんでしょうね。

じっくり「酔い」を分析してみると、リラックスしているときほど「いい気分」になるみたいです。

緊張状態だと、ただの機能異常。

飲酒運転は犯罪って本当ですね。ロボはこの状態でチャリすら運転する気は起きません。絶対転ぶか事故る。

自分の吐く息からお酒の良い香りがするうちは、コーヒーを飲み続けます。

頭痛くなってきた。早くも二日酔いが…迎え酒ではなく、迎えコーヒーを飲みます。

胃袋から酒の香りが上がってくる…。鼻が良いほうなので、その香りでまた酔いが長引くよー。

酒臭い臭いとはまた違うから良いけどね。

 

宣伝なのかなんなのか分からない…のはいつものことか。

LuNa RhyThm Official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセスできるよ★。

 

ミスタップが普段の倍以上で、かなり時間のかかった「酔っ払い体験記」でした。

ちゃんと酔っ払っても大丈夫なときに飲もう。

〆切に迫られているときに飲むものではない。

 

では、See You Next Time! またね★。