狂騒旋律

ロボからの素敵な脅迫状

酒に思いを馳せてみる宵

こんばんは。クリエイターLuNa RhyThmさんのところの宣伝係、ロボです☆。

さっきまで非常に調子が悪かったのですが、ご飯買って来て食べたら持ち直しました。

お腹が減っていたようです(気づけ)。

 

今日の宣伝的脅迫状だよ★。

 

ロボはTwitterの「クヨ太郎の冒険」を書き終わった辺りから、「クヨ子さんとピヨコ」改め、「クロ子さんとピヨコ」の構想を練っています。

クヨ太郎の冒険の最後のほうに出てきた、雌の黒猫が主人公です。

それ以外はネタバレになるので語れませんが、タイトル通り「クロ子さん」と「ヒヨコ」の話です。

LuNa RhyThmさんは作曲とYouTube動画をコツコツ作っていましたが、瞬発力が切れてきたようです(疲労)。

今日は休憩の日にして、明日から再び頑張りましょう。

夕飯に刺身を買おうとして、鰹の叩きを買ってきたんです。

脳内フォルダに鰹の叩きが美味しかったデータがないと思ってたら、本当にあんまり美味しくなかったと言う残念な結果になりました★。

次はアジのお刺身に挑戦してみます。青魚は怖いって言うんでしたっけ…当たるとどうなるか、確かに少し怖い気もします。

 

LuNa RhyThmさんもロボも日常的にアルコールは飲まないほうなのですが、飲めないのでは無いので、機会があれば飲みますよ。

カクテルやチューハイ派です。日本酒は梅酒と甘口なら多少飲めます。

ビールや発泡酒はすぐ腹が一杯になって気持ち悪くなるので、過去何度かチャレンジしては惨敗(缶ビール一杯で満腹)していました。

飲む速度が早い上に、アルコールが入ると無愛想になるので(いい気分になれない損な体質)、自分で「美味しい」と感じる酒に巡り会えてない状態ですね。

ですが、再びYouTubeで良い情報を得ました。

「甘口の大吟醸」有力説です。米だけでむちゃくちゃうまいらしいと言う情報でした。

日本酒なら料理にも使えるし(めったに酒を使う料理は作りませんが)、賞味期限がないので、ちびちび嗜むには良いのではないかと。

酔っ払っている間の時間を他のことに使いたい気もしますが、そういうストイックな暮らしを一年くらい前はガツンガツン続けてて、胃を壊したことがあるのです。

たまには、ストレスを解消しないと。(飲んでいい気分になるか嫌な気分になるかは分かりませんが)。

基本的にはトリップ(?)したいから飲むわけではなく、美味しいものを「美味いなぁ」と思いたいだけなので、チョコレートとかはあるだけ食べてしまう人ですが、酒は「美味い程度」でやめておけるだろうと思います。

あまり酔わないので、その「美味い程度」の量がどのくらいかは不明です。

トリップしない体質なのは、アルコールに強い性分なのもあると思うんですよ。

小学生の頃、アルコールパッチテストを自主的に試してみたんです。消毒用アルコールをつけた脱脂綿を腕にはり、皮膚が赤くなるかどうかを見ると言うものです。

アルコール分解酵素(別名、アセトアルデヒド分解酵素)の力が強いか弱いかがわかるテストで、分解酵素の強い人は赤くならず、弱い人は…極端な例だと真っ赤になるそうです。

酵素の強い人は酒にも強いし、弱い人はすぐ酔っ払うそうです。

これが、何十分はっておこうと、全く赤くならないんですよ。

よっぽどアルコールに好かれる体質なんでしょうね。

だけど、飲むなら美味いものが飲みたいので、酔っ払うだけの目的で安い酒を買いたくないんです。

高級嗜好なわけではないです。チェーン居酒屋のカクテルでも、美味しいときは美味しいですから。

カクテルは作る人の腕によって違ってくるので、「あ。美味しい」と思っておかわりしたら、2杯目はやたら不味くて、何でこんなに不味いんだろうと思ったら、「かき混ぜられてなかった」と言う事件もありました☆。

お店の人忙しかったんでしょうね。

自分で美味しいカクテルを作れる腕があれば良いのですが、酒から離れてから数年経過するので、カクテルにも疎くなってしまいまして。

そこで、自分の腕は関係なしに、美味しく適量を飲める酒として大吟醸に目をつけてみたのです。

今は美味しい日本酒のデータが甘酒しかない状態です(しかも何年か前の記憶)。

酔うと言うと、蜘蛛はコーヒーを飲むとカフェインで酔っ払うそうです。

ロボも、あんまりコーヒーを飲みすぎると、悪酔いをします。

カフェインの分解のほうが難しいのかな?(蜘蛛並みに)。

 

久しぶりにカフェインの分解以外で肝臓を使いたくなってきた、

LuNa RhyThmさんのHP、

LuNa RhyThm Official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセスできるよ★。

ここのところロボのTwitterしか更新されてないけど、暇潰しに見てみてね☆。

 

甘口の大吟醸…甘口の大吟醸…と言うキーワードを頼りに、近日中にお酒ミュージアムに行ってみます。

3千円くらいだと嬉しい。小瓶入りとか。

 

では、See You Next Time! またね★。