読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Luna-Rhythm’s blog

ロボからの素敵な脅迫状

光電がスパシウム

おはようございます。クリエイターLuNa RhyThmさんのところの宣伝係、ロボです☆。

睡眠中の夢で疲れてるのですが、眠り直さないようにコーヒーを飲みます。

 

今日の宣伝的脅迫状だよ★。

 

昨日は、YouTube用動画の修正の続きと、HP用の作詩を2作作ってました。

修正は結構大変だけど、線がくっきりしたときの達成感が、なんだか良い感じですね☆。

やはり一桁台のピクセルの筆や消ゴムが必要になることが多いですが。

HPの作詩のほうは、相変わらずオフェンシブです。

最近(ブログが?)明るくなってきたと言われますが、頭の使いどころが変わってきたからでしょう。

YouTubeで時事ネタを読むとか、昔はしなかったし。イラストが自由に描けるとかも、今のところ新鮮なのかも知れません。

吸収するものがあると、自然に話題も豊富になりますし、ブログで吐き出した分、また新しい情報を吸収するじゃないですか。

その循環がちょうどいいみたいです。

作詩も形式が囚われなくなって来ましたしねぇ。

歌詞書きとブログ書きの中間のような文章を書いています。

美術的な方向に走ろうと思えば言葉の在庫はあるのですが、なんか書いててムカつくから嫌です★。

映像か絵画か写真か、「絵」として美術的なものを作るなら、また違うと思うんですよ。

日記の写真に始めて室内写真を使ってみて思うのが、「光の量の足りなさ」。今度ホームセンターで工事現場用の照明買ってきます(いくらするのそれは)。

工事現場の照明が高かったら、少し大きめのライトを何個か買ってきます。どちらがお値段高くなるかは、物見次第。

照明を手に入れたら、「スパシウム光電!!」と言いながらスイッチを入れます(スパシウムってなんだ)。

レフ板(光を反射させて影を淡くしたりする板)も作り直しです。

一度段ボールとアルミホイルとガムテープで作ったけど、ガムテープの強度が弱かったようで、すぐ破損して捨てちゃったんですよね。

いざと言うときは布ガムテープです。紙ガムテープは剥がれるし、強度が弱い。

美術系の学生さんやお仕事のかたには常識ですが、レフ板も、ただの白い板でも良いんですけど、反射率と言うものが違うんですね。

「白い板<アルミホイルの板<鏡」の順で光の反射する程度が違ってくるので、淡い反射光がほしいなら、反射率低めのものを、くっきり反射させたいならアルミホイルから鏡程度の反射、と使い分けると良いようです。

だけど、鏡は角度によっては撮影者が写り込んだり、光源によっては光が強くて白飛びする(被写体が白く写って使い物にならなくなる)ので、使うときは少し専門知識が要ります。

専門知識はありますが、使うのに面倒くさく(淡すぎもせず眩しすぎもし)ないと言う理由で、LuNa RhyThmさんはアルミホイルのレフ板にこだわるのです。素材が軽いので持ち運びにも便利だし、材料さえきちんと用意すれば、作りやすいですよ。

レフ板は「アイスラッター!!」と言いながら設置しましょう(呼びかけ)。

アイスラッガー(ウルトラマンセブンが頭のモヒカンをぶん投げる技)って、何が「アイス(氷)」なのか未だに分からないんですけど、モヒカンが冷たいんですかねぇ…冷たいモヒカンを装着してて、頭痛くないのでしょうか?

ウルトラマンは、和訳して「超人」だから、何でもありなんでしょうかね☆。

明らかに3分以上戦ってるし。胸のボタンがピコンピコンって鳴ってるのに、しつこく戦ってるし。

いつの間にかウルトラマンについて語っていますが、ぶっちゃけ「和訳:超人」はどうでも良いんですよ。

スポーツじゃないので、ケンカは3秒で秒殺して帰りましょう(呼びかけ)。

 

そんなことを考えながら、カップラーメンを食べつつ頑張っている、

LuNa RhyThmさんのHP、LuNa RhyThm official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセスできるよ★。

 

コーヒーが効いてきたらしく、目が覚めてきました。こんな文章に1600文字以上使っていますが、基本は宣伝のためのブログです。

スパシウム光電と言う技を思い付いた辺りから、話がピンカーブ並みにそれましたが、スピンはしてないので安心して下さい。

ちなみにマリオカートは苦手です。

 

では、See You Next Time! またね☆。

 

追記

はてなキーワードで「アイスラッガー」の読みが、「アイ スラッガー」だと初めて知りました。

その「アイ」は、「I」なのか「eye」なのか、どういう意味なのかとかも知りたいので、Wikipediaも見て調べてきます。

ご報告はまたいずれ。