狂騒旋律

ロボからの素敵な脅迫状

ゴスもパンクスも含まれます

おはこんにちは。クリエイターLuNa RhyThmさんのところの宣伝係、ロボですよ☆。

前置きなしで、今日の宣伝的脅迫状だよ★。

 

一昨日がどうだったかうろ覚えですが、昨日は豆腐を食って水分補給をする以外、何もせずに眠っていました。

ロボも起動できないくらい、深くて浅い夢の中。

その夢の中で頭が整頓されたようで、今日起きたとき(朝8時頃)がすごい「素」で、LuNa RhyThmさんが、現在の方向性と今後の方向性について悩んでいました。

悩んでいると言うより、やっぱり普通にビジュアル系になってしまおうかとか考えていました(元々ゴスですが)。

外見のスタンスだけではなく、現在は五線譜を使ったものだと、どちらかと言うとパンクロックかエレクトロニカと美メロで、メロディーがヒラヒラした曲を作っているのですが、直線的にシャウトできてしまう曲とかも作りたいよなと思い始めたのです。

ボーカロイドは基本シャウトをしないので(ボーカロイドのシャウト曲は、がなり声と言うもので作られていることが多いです)、もちろん別名義で歌う用に。

それから、今作ってるYouTube用の画像のなかで、ふざけすぎているものはアウトにしました。

どんな風にアウトなのかと言うと…ちゃんと写実的に描きなおしです。

どうやら、LuNa RhyThmさんの思いつく絵って、「リアルな画風じゃないと面白くない」タイプのものが多いようです。

昔、教授に言われた通りだったなと、時を経て思うようになったのですが、学生だった当時はあまりにリアルを追求されられて、絵を描くのが根本から嫌になって、写真とイラスト(絵画ではない)に走ったのですよ。

イラストも人物画は避ける人になってしまっていたのですが、今回Mewさんを絵的にも使用すること…プロデュースと言うかをする事になって、Mewさんなら写実イラストはありだな、と思っています。

Mewさんのパッケージイメージイラストそのものが、キャラクター的なデフォルメはしてありますが、リアリティのある絵なので、それを殺すのはもったいない、と思ったのです。

一度覚えた技(自転車に乗る、文字を書くなど)と言うのは、普通の記憶より忘れにくいそうなので、今の腕で出来る限りのリアリティを追求してみましょう。

画像が今月中に出来上がるか怪しくなって来ましたが、その分、クオリティを向上させた作品に仕上げるべく、気合い入れます。

脳も休憩が必要だったんですね。ロボが起動している間は、糖分がガンガン消費されるし。

広報に力いれるのも良いけど、それで疲れきって作業に支障が出るようでは本末転倒。

今後は、ちゃんと動きがあってからブログを書こうかと思います。

今まで、宣伝するネタがなくても広報活動は続けてたからね。

曰く、「職業はブロガーじゃねぇ」だそうです。

 

そんな、「基本に戻ろう」と言う姿勢を改めてかためはじめた、

LuNa RhyThmさんのHP、

LuNa RhyThm official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセスできるよ★。

 

ビジュアル系と言っても、あのジャンルは色んな曲調のものがあるから一概にくくれないのだけど、曲的にはハードロック路線かなと思っているそうです。あんまり音が細いのとか、ポップポップなのは好きじゃないんですよ。ロボもLuNa RhyThmさんも。

ポップな曲ができてしまったらボーカロイドに歌わせます。

 

では、See You Next Time! またね☆。