狂騒旋律

ロボからの素敵な脅迫状

ほとんど期待してなかった新しい装備が意外と良い耳応え

こんばんにちは。クリエイターLuNa RhyThmさんのところの宣伝係、ロボだよ★。

今日は晴れたので、副業の後に買い物に行ってきたよ☆。

そしてケント紙とマルチライナー(コピックスケッチライナー)を買ってきたよ。ようやく作業が進むね★。

それから、新しい装備…服でも靴でもなく、「ヘッドフォン」を買ってきました!!

現在装着して音楽を聴いていますが、今までと全然違う。音が良い。

単純にボリュームが強化されるって言うのもあるけど、細かい音まで微細に拾ってくれる。

CD-Rに焼くとwavファイルの音質が劣化するのを気にしてたんだけど、ヘッドフォン新しくしただけで、この再現度アップはなんなんだ?!

ってくらい、良い音。

エイジングなしでこの音なら、エイジング(ヘッドフォンをある一定期間使い続けて、音を出す機械として良好な状態にすること)を済ませたら、どのくらい良い音になるのかすごく気になる。

その他に、電気屋の宣伝案内放送の中国語版が、「そにい」って発音してたのも気になる。

SONY」のことであるのはすぐに分かったが、英語版だと日本語の発音を日本語らしく発音するのに、中国語版では訛るのか。

普通に「SONY」って発音してくれたほうが、中国の人も「日本来たぜ」って気分になるんじゃないのかと思うんだけど。

そこはあえて気を利かせてしまうのが日本人っぽさと言うかなんだろうけど、「そにい」のイントネーションは、どこかの名字のようだった。あのイントネーションに漢字をあてると、「素兄」って感じ。

名字ですらないね。

中国では「そにい」って呼ばれてるのかな?

また話がそれているのでヘッドフォンのほうに話を戻そう。

微細に音を拾ってくれるって描いたけど、音が割れているところまで微細に拾ってくれている…。MIXのなおしが必要だね。

先日までセロハンテープでくっつけて使っていたほうの、古いヘッドフォンは、今日で長年の任務を解かれます。

ゴミとしてではなく、正式に任を解かれた「帰還兵」として、小型金属回収ボックスへ、日曜日には投下しに行きます。

今まで一緒に戦ってきた仲間ですからね。感慨深いなぁ。

学生時代の五千円と、今の五千円の感覚が違うのも、ケント紙とペンの入った袋を持ってヘッドフォンを買いに行くってのも、世も進化したものよのぉ…と、何故か殿様口調になってしまう。

クリエイターって言うものの質が変わってきてるんだろうなと思うけど、LuNa RhyThmさんは、一人で作詞作曲と映像作りとHP管理をするので、一度覚えたことはなんでも自分でできないとならないのです。

HPは、基礎を自分でつくって、ウェブデザイナーさんにチェックと手直しをしてもらって、その手なおしをしてもらったデータを壊れない程度にいじって、今の形になっています。

方法が分かれば出来ることって結構あるものです。

困ったときは情報収集も自分で。電気屋さんと楽器屋さんと友人達には、いつも助けられています。YouTubeにも使える情報がたくさんあるので、ただの娯楽ツールではないですよ。

それにしても音良いな。

自分作曲の曲でもこの音なら、一般アーティスト曲はどうなるんだろう…耳を肥やしましょうか。

馬が肥えるのは…秋か。

現在、地球の日本は冬の折り返し地点です。

 

今のところ、タブレットスマホで見ると構造が崩れてしまうIndexを使っていますが、

LuNa RhyThm official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセスできるよ★。

 

ヘッドフォンがエイジングされてないからか、ボイスの機械っぽさがごまかされている。これは今しか聴けない音だね。

 

では、See You Next Time! またね★。