狂騒旋律

ロボからの素敵な脅迫状

ファンタジスタは空の彼方

おはメリクリスマス。今朝のごちそうは…お茶です。

クリエイターLuNa RhyThmさんのところの宣伝係、ロボです☆。

日曜日でクリスマスは素晴らしいね。

子供達はもう起きた頃かな?ホッホッホ(サンタ笑い)。

 

今日は予定は執筆活動くらいだけど、朝御飯を食べに行かないと飢えるので、巻きで状況の説明をするよ★。

LuNa RhyThmさんは、昨日からようやく、構想中だったお話の執筆に取りかかりました。

今回は、引っ張って書いている「ミシェル ズ ストーリー」(ミシェルの物語)とは違って、最初から最後まで一気に書いてアップしてしまう予定なので、昨日の感じからすると、今日一日がかりの仕事になるでしょう。

一日で書き終わって、編集してアップ…なんとかするしかないですね。

内容が薄くならないように、だけど1つのページばかりくどくど長くならないように、データの重さには気をつけながらの執筆となるでしょう。

タイトルは、「エレン ズ ストーリー」です。エレンの物語。エレンは女性名だったっけな?と思いながら、主人公の「エレン君」は男の子です。先日書いた記事を知らない人もいると思うので、書いておくと、エレン君は、猫です。

猫なら、女性名でも男性名でもどんとこいだと思います。彼等は心が広いからね。

ネタバレになりますがエレン君は、冒頭でいきなり死んでます。その後、死んじゃった動物達のファンタジスタ(?)、宇宙に飛んでって、そこで宇宙猫になるため、色んな「宇宙のしきたり」を覚えて行きます。

昨日まで書いたところによると、エレン君はようやく宇宙で「移動」する方法を知りました。

さぁ、難関はまだまだ続くよ。がんばれエレン君。

 

と言う状態で、執筆活動を続けたいような気がしながらいつもの時間に眠ったら、極悪な夢を見たので、自分の勘は信じるべきだなぁと思いました。

「ミシェルの物語」では、語り手がコロコロ変わりますが、「エレンの物語」では、語り手はエレン君だけにしぼって書いています。

その理由と、「色んな猫」を想像してもらいたいので、エレン君の目の色以外は細かく描写してありません。

これから「宇宙猫」になるんですから、どんな姿になるのかは…LuNa RhyThmさんのみぞ知る、です(実はロボも知っていますが、内緒にしろと言われています)。

 

HPにアップする際は、indexの新規欄にもショートカットを配置しますが、そのショートカットが消えた後は、【絵空模様】ボタンからページに入ってもらって、下のほうの(今はまだミシェルの方だけなので区別はしていませんが)「Ellen's story」の列のボタンを押してもらうと、エレン君の物語が読めるように、改造しておきます。

 

今はまだエレン君の物語はアップしていませんが、

LuNa RhyThmさんのHP、LuNa RhyThm Official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセスできるよ☆。

 

これから、大急ぎでご飯と備蓄食料を買ってきて、黙々と執筆作業に取りかかります。

 

では、See You Next Time! またね★。