読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Luna-Rhythm’s blog

ロボからの素敵な脅迫状

燃えてないね

おはこんにちわ。クリエイターのLuNa RhyThmさんのところの宣伝係、ロボです☆。

さっそく今日の宣伝的脅迫状だよ★。

 

現在、YouTube用に作っているMewさん曲が、燃えてないんですよ。

なんだか戦闘的ではないです。ちょっぴり猟奇的だけど、普通に聞いてたら分からない綺麗なまとまり感のある歌になってしまって…歌っているのがMewさんだからか、調教が甘いからか、綺麗なオブラートに幾重にも包み込まれている、猟奇的感。

ロボが聞くには、なにもかも燃え付きちゃった人の歌ですね。

猟奇的シリーズ(いつからできたの)からすると、殺陣…ではなく殺人にもなれてなんにも感じなくなってしまった人の心証風景と現実感のない(殺人を行なう)日常…と言う感じの詞になったんですが、

たぶん猟奇的なのは、LuNa RhyThmさんが、最近YouTubeの「意味が分かると怖い話シリーズ実況動画」にはまっているからでしょうね。

 

最初はゲーム実況から見ていって、そのゲーム実況がだんだん、「意味が分かると怖い」と言うか、「意味が分かるとウケる話」になってしまったので、創作系の「意味が分かると怖い話(実況つき)」を見るようになって、その人の連続動画から、マイクラと言う…自分でゲームが作れる(?)ソフトで作った怖い話を見ていたのですが、それも最終的には「意味が分かるとウケる話」になってしまって、LuNa RhyThmさんの「怖さに対する耐久レベル」が上がりすぎて、LuNa RhyThmさん的にも燃え尽きている状態なのです。

そんな日常が作品にダダ漏れてしまって良いのでしょうか。

クリエイティブなことって、頭脳から出てくることですからねぇ…取り繕えば不自然になるし、日常が意味怖シリーズになってしまっているなら、自然に猟奇的になっても…L'Arc~en~Cielさんの「浸食~lose control~」には敵わないので、全然ありだと思いますけどね。

 

作ってる歌自体は綺麗なんですよ。Mewさんが美声だと言うこともあるのですが。ロボ的にも、綺麗なメロだな。と思ってたんですけど、思いついたの詞が、よく聞いてみると怖いと言う。

怖いのが苦手な人は、さらっと聞いてください(それでも聞いてください)。

まだ映像が作れていないので、YouTubeアップは先になるかと思いますが。

新しい動画製作ソフトが手に入ったので、使い勝手を検証するのもかねて、Mewさんの歌声に合う、綺麗な映像を作ろうかな★。

唯怖い歌詞に唯怖い絵がつてるだけじゃ、なんの面白味もないでしょ?

 

そんなLuNa RhyThmさんのHP、LuNa RhyThm Official web siteには、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセスできるよ☆。

 

では、See You Next Time! またね。