狂騒旋律

ロボからの素敵な脅迫状

乗りてぇ音に遅れたやつは間抜けってんだ

おはよございます。クリエイターLuNa RhyThm さんのところの宣伝係のロボですよー☆。

今日もお布団の中からのお届けです(ホカホカ)。

今日は少し面白いことを準備中です。

 

ビートボックスってきいたことあるかな?

一般にも有名なところでは、「ハモネプ」でのボイスパーカッションの役の人とかいるでしょ?(ハモネプを知らなかったら、「ハーモニーネプチューン」とググってください)

あのボイパの役のように、基本は口でパーカッションを作ったり、パーカッションだけでなくピアノやベースの音なんかも、声で再現したり、その他の音(フライパンをとんかちで叩くなど)を入力して、その声や音を重ねて、音楽を作ると言うものです(by ロボ博士)。

そのビートボックスができる面白そうなアプリを見つけたので、普段アプリは避けるほうのLuNa RhyThm さんも、「ダウンロード無料」の表示につられてダウンロード中だよ★。

ビートボックスに限らず、以前から声で何かしら音楽的な作品を作るって言うのは興味があったけど、機材を置くスペースがないから、アプリで始めてみようかと☆。

 

音声検索をはじめて使ってみたけどさ、最初は「ビートボックス」って言葉が出てこなくて、ボイスパーカッションで検索したの。

そしたら、スマホがボイスパーカッションの意味を教えてくれた。

「正確な名前はボーカルパーカッションって言って、なんだかんだで、どうでこうで」と。

関連記事で「ビートボックスの方法はヒカキンが教えてくれた」と言うのも表示されて、ヒカキンさんは名前しか知らないけど、何気にすごいYouTuberなんだと言うことを知りました★。

ロボも音楽以外に関してあんまりセンサーが感知しないものなので…。

今まで、YouTubeのおすすめ動画に表示されてもスルーしてた…すいませんヒカキンさん。次からはなるべく見るようにします☆。

ビートボックスの方法教えてくださいでごわす。

その間連動画観れば良い話なんだけどね☆。

 

だけど、中々ダウンロード終らないな…そんなに複雑なアプリなのか…。色んな声音を扱うんだから、複雑だろうと言うのは察しがつくけれどね。ボカロソフトをパソコンにダウンロードするのでも時間がかかるからね。

 

少しスマホに負担かかるかもしれないけど、今までスカスカ(アプリを全く使わない)だったのだから、ちょい重たくなっても平気かと思うんだけど。

ダウンロードが終わって、使えるようになったら、色々試してみましょ☆。機械系のだいたいのことは勘で分かるタイプなのです。

だけど、いくら勘で分かっても、そもそも基本の使い方がわからないアプリなので…先にヒカキンさんの動画を見ておこうかな。

ヒカキンさんと同じ条件(アプリを使ってる?)かは、動画を観てみるまで不明ですが★。

 

ちなみに、タイトルの言葉は「うしおととら」外伝のとらの台詞をちょっとだけアレンジ☆。(本当は、「乗りてぇ風に遅れたやつは間抜けってんだ」です)

懐かしい名作だなぁ「うしおととら」。

だけど、音楽と言うものは常に吹いてる風だから、どんな形で「風」をつかまえるかだよね。

昨日も書いたけど、遅いなんてことはないのです。(間抜けとか書いといてごめん)始めるか、始めないかの違いです。

始めてみて、ようやく可能性0%から脱出できるのです。

 

そんな、新しいことに挑戦中なう、なLuNa RhyThm さんのHP、

LuNa RhyThm Official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセスできるよ☆。

 

ヒカキンさんのボイパ聞いてみたけど…Daichiさんのほうが上手いと、ロボ耳的には思いました(ロボだって耳くらいついてます)。

 

では、See You Next Time! またね。

 (調べてみたら、ボイスパーカッションを行なうビートボクサーは、ヒューマンビートボックス…だったかと言うパフォーマンスをする人たちのことで、普通のビートボックスは、「声をもとにドラムサウンズやベースサウンズを作る機能のある機械」のことのようです。ロボ博士が寝惚けててすいません。明日ちゃんと謝りましょう)