狂騒旋律

ロボからの素敵な脅迫状

夢を持つモツを食え

おはようございます。クリエイターLuNa RhyThmさんのところの宣伝係、ロボですよー☆

タブレットが復活したので、今日はお布団の中からお送りします★(ポカポカ)。

何日かぶりかに、ちゃんとした作曲のお話です。

 

まだ仕上げには届かないけど、一曲の形が出来上がったよ☆。

最初は「なんか変な音」に聞こえていたディストーションギターが、聴きなおしたら意外と良い仕事をしていて、

もう少しディストーションを追加しても良いかと思うくらいだった。

最初は、高音の目立つ、エレクトリックピアノがピローン★、クリーンギターがシャリーン☆みたいな曲だったんだけど、ディストーションギターを追加したら低音が安定したね。

浮いていたベースの音とも相性がよく(ベースが浮くってどういうことさ)。

ちょうどディストーションギターが、クリーンギターとエレクトリックピアノとベースの間…と言う、三点倒立のような微妙なところを、ちゃんと繋いでくれる音になった…かな?って言うか☆。

まだ聴き込みと改良が必要だけど、まず絵のスケッチが出来上がったって感じ。

まだどのボカロで歌わせるとか考えてないけど、低音域が強いから大人声のボカロか、オールマイティーなGUMI(Megpoid)さんかと思うよ。

でもGUMI(Megpoid )のボイスの種類によっては、高音が苦手だったりするのだけれど、その高音の苦手なはずのGUMIボイスで高音域が作られている曲…の、【歌ってみた】動画がすごく流行っていた現象を見て、今って、UTAUや歌い手さんの時代なんだって本当だなーと思いつつ、ボカロCDを作ろうとしているLuNa RhyThmさん。

 

だけど、某動画で見たところによると、歌い手の波は、今が旬らしいので、これから始めようと言う人は、時期を逃したことになると、その動画では分析されていたけど、

ありがちな台詞だけど、何を始めるにも遅いことはないと、ロボも思うよ。何もせずに、「もう時期は過ぎた」と嘆くより、興味があるなら始めてみれば良いんじゃないの?

学習の場があるなら、確かにそれに越したことはないけど、独学でも、「学ぼう」とする意欲があれば、知識と言うものは頭に入ってくるよ。

修業と友達作りは別と考えなきゃならないけど。

共通の話題で盛り上がれる友達がほしいから、その「道楽」を続けたいって言う心構えなら、道楽のレベルでやめときゃ良いし。

もっとレベルをあげたいと言うなら、目標は高く。

でも、目標のレベルが高すぎて、現在の自分の能力を疑わないことも大切だね☆。

過信はダメだけど、ある程度の自信は必要だよね。

間違った自信の塊になって、自己顕示欲だけ強くなっても、それはそれで困ったことになるんだけどさ☆。

LuNa RhyThmさんの目標は、一般アーティストが多いので、参考にする曲がハイレベルすぎて、何度も心を痛めながら…むしろ心臓を炒めながら(じゅうじゅう)、修業の日々にございます。

もちろん、一人カラオケや、自宅でのボイトレや、テレコ録音なんかも、修業のうち。目標が見定まってれば、それに向けて楽しく修業したって良いのですよ。

苦しいだけが修業じゃないのさ☆。

苦しいときは本当に苦しいけどね…。

 

そんなLuNa RhyThmさんのHP、LuNa RhyThm Official web site には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセスできるよ。

 

今日の朝御飯はモツです。(胃壁を溶かす胃液)

 

では、See You Next Time! またね。