狂騒旋律

ロボからの素敵な脅迫状

農作物による蛋白質の供給☆とか

おはようございます。クリエイターLuNa RhyThmさんのアシスタントのロボです☆。

うちの作家さんが、長編の短編を書いていました。

今日の一曲

中谷美紀さんで、「砂の果実」


砂の果実

「あのころのぼくらが わらってけいべつした からっぽのおとなに きづけばなっていたよ」

ロボは空っぽの大人にはなれなかったなぁ。

こんなにみっちり言いたいことのある大人になるとは…。

人生はどうなるか分からないから面白いんだね。

HPの

【絵空模様】コーナーの中でも異種な、短編が少しづつ続くことで長編になっている、「Michele’s story」と言う本(←ボタンが背表紙型だから)があるのですが、うちの作家さんがその長編の短編の執筆をしているんです。

キーワードは「与作」は、確かでした。

今日は昨日の続きを書いてもらいます。

一気にラストまで…書くのは難しいか。少し複雑な物語だからね。

でも、2~3話くらいは書けそうだよ。

髪の毛が…

うちの作家さんの、結んでいたときの癖が無くなった髪の毛が、段々ふわふわし始めている。ボリューミーになってきています。

ロボ「マッシュルームカットって言うんだっけ?」

LuNa「そこまできっちりカットしてない」

ロボ「じゃぁ、あだ名はクリボーで」

LuNa「やめろ。ご飯食べさせないぞ」

と言われたので、たぶん一回「クリボー」と呼ぶたびにロボのご飯が減っていくと思われます。

その恐怖に挑む意思は…今のところありません。

ご飯の話

これからロボsは朝ご飯兼ご飯を食べます。

今日のメニューはお魚のハンバーグと白飯です。

野菜と味噌汁が欲しいなぁ。

石器時代の話

農耕を始めるようになった人類が主に栽培していたのは、穀物と豆類だと言います。

穀物はエネルギー源だけど、蛋白質をあまり含まないので、蛋白質の豊富な豆類を一緒に育てることで、蛋白質不足を補っていたんだって。

日本でも、大豆やソラマメやえんどう豆や絹さやなど、色々な豆類が育てられています。

大豆は日本のどこのご家庭でも、大体の人は食べるでしょう。

豆腐とか、油揚げとか、厚揚げとか、醤油とか味噌等々で。

古い情報ですが、大豆を食べる習慣で、動物の肉に頼っていた生活を変えようとする動きを、ソイリューション(大豆革命)と言うそうです。

欧米国では、大豆は家畜の食糧として生産されていますが、大豆を家畜の食糧にして、一頭の動物を「肉」として育て上げるより、大豆をそのまま(もちろん食べやすく加工して)食べたほうが、蛋白質を吸収すると言う面では効率が良いんだそうです。

欧州では国によってばらつきもありますけど、菜食主義が流行してかなり経過するので、豆類で蛋白質を取っている人も多いんじゃないかな。

インドでも、肉食の人と、菜食の人の両方に向けてのカレーとか作られているそうだし。

子供の頃から何を食べているかって言うのは、その後の食生活に影響を与えるようで、インドの人でも、「菜食主義なんて無理!」と言う子供は居るそうです。

ロボsもやや菜食なのですが、魚と卵と乳製品から動物性たんぱく質を、豆腐等で植物性たんぱく質を摂取しています。

一時期は魚すらも食べなかったから、ガリガリだったんですけど、卵をよく食べるようになったら筋肉が復活してきました。

菜食とは言え、筋力くらい維持したいですよね。

なので、魚は「ゴメンありがとう」と思いながら食べています。

君達の犠牲は無駄にしない。

LuNa RhyThm official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセス☆!

では、See You Next Time! またね★

キーワードは「与作」

こんばんは。ロボです☆。18時13分のニュースです。

ご飯の量が足りません。

ストックはあるけど

食べたくない気分だと思っていたら、食事をとらな過ぎてお腹が減らなくなっていたことに気づきました。

パックご飯を2パックと、煎餅を半袋食べてしまった。

うちの作曲家さんのほうは、煎餅だけ食べてました。

ロボ「おーい。ご飯食べなよ」

LuNa「いや、ここの和メロをどう生かすかとかな(←聞いちゃいねぇ)」

ロボ「ふりかけまだあるから、冷蔵庫に入れておくね」

LuNa「ルート弾き使ったの久しぶりだな(←聞いちゃいねぇ2)」

曲作りを始めると、何かしらブツブツ独り言を言っているのですが、意思の疎通が取れているのかは分かりません。

曲のストックもあるんですよ。ハードロックを目指した曲達が。

そんなに緊急に曲作りをしなければならない状態でもないのですが、日課としても何かしら作っておいたほうがあとが助かるのは分かってるんですけど、やはり意思の疎通が取れているかは謎です。

「ブログのネタが無いから何か作ってくれ」と言ったのはロボなので、しょうがないと言えばしょうがないんですけどね。

出来れば物語のほうを作ってほしかった。

だけど、ハードロックを目指した曲達もCD用になるような気がするので、ストックとして考えると作曲が優先で良いのかな?

でも、後でふりかけを探すことになるのは作家さんのほうなんだけどね。

なので、ロボs家では、食べ物は主に(腐らないものでも)冷蔵庫に入れると言う決まりがあります。

和メロ

ロボsの定義では、8分音符でロングブレスは大体「和メロ」と呼んでいます。

16分音符物だと、「民族音楽」とか「ケルト風」とか、なんか小粋な感じになってしまうんですけど、「みんなのうたのちょっと良い感じの曲」に出てきそうなメロを指して「和」と言います。

謡曲っぽいと言うか…ニュアンスで、ああこれ「和」だなと思ったら「和メロ」と呼ぶのですが、うちの作家さんがその「和メロ」にはまっているらしく、今回も8分音符がずらーっと。

まだ作りかけなので、ロボは聞いていませんが、「和なんだろうな」と思う構造になっていました。

物語を考えよう

作曲がひと段落したようなので、少し休んだら読み物を書いてもらいます。

ファンタズィーを書く人なので、無理は言わないから今回も幻想的なお話をつづっていただきましょう。

宮沢賢治作品集を読んでから、その影響が色濃いのですが。

HP作詩のほうの、「うさぎさんとねこさん」の、ねこさんがもち米を買おうとして700円足りなかったと言うくだりは、その影響の賜物です。

構想中らしいですが、ニヤニヤしているので何か楽しい話でも思いついたんでしょうね。

決定と共に行動

構想が大体練れたようなので、早くパソコンを明け渡せと要求されています。

もう少しでいつもの文字数だから、もうちょっと待ってくれ。

ロボ「ざっくり言うと何を書くの?」

LuNa「短編もしくは長編」

ロボ「それしかないんだから説明になってないよ」

LuNa「説明で設定明かしたら面白くないだろ」

ロボ「そりゃそうだけどね」

LuNa「だろう?」

と言うやり取りを経て、短編もしくは長編が数日後にはHPにアップされるでしょう。

謎の物語のキーワードは「与作」だそうです。

ロボ「ああ、あの…」

LuNa「言うな。ネタがばれる」

「与作」を知らない人って日本人ならあんまりいないと思うんですけど、知らない人が居たら面白みが減っちゃうってことだそうで。

よし。パソコンを明け渡すとともに風呂に入ってきます。

HPのアドレスは、一個前の記事に書いてあるよ。

では今日もお疲れさまでした。

皆様 Good Night☆