狂騒旋律

ロボからの素敵な脅迫状

うにょんうにょん集を作ること

おはようございます。クリエイターLuNa RhyThmさんのところの宣伝係、ロボです★。

 

成すべきことは大体見えてきました。

 

今日の宣伝的脅迫状だよ☆。

 

CD曲の映像化にあたって、CD収録曲を聞き直しているのです。ノリが良いのが良いかなと思ったけど、ノリはどの曲も良いんですよね。

全部の曲の聞かせどころを集めたうにょんうにょん集(フェードインとフェードアウトを繰り返すの)と、イメージイラストだけでも、映像にはなると思います。

うにょんうにょん集(正式名称がわからない)を作って、イメージイラスト…歌詞の背景画で良いかなぁ。

じゃぁ、もっと背景画が必要なので、後二枚くらい増やしておこう。

人物画も一枚入れておくとして…ここでボカロの絵を描くのはあざといので、なんかイメージキャラクターを描いておくとして。

…またグラフィックかよ。

最近作曲よりグラフィックの仕事が多い。明らかに多い。

そういう時期なんだと思って、うにょんうにょん集に合ったイメージキャラクターを描いておこうか。

限りなくIAに近い別人とかね☆。

Mewさんっぽいけど違うよ、とかね★。

ミクとGUMIは、キャラが固まりすぎてて崩しようがないのでアウト。

そもそもボカロに似せなくても良いんだけどね(あざといと言っておいて似せる気でいたし)。

まずはうにょんうにょん集を作らないと。

背景が増えると言うことは…文字打ち直しか。

背景によっては黒文字がつぶれてしまうものもあるので、白か灰色で打ち直しです。

そしてたぶんスミノセ指定です。歌詞長いからなぁ…。小さい文字にしないと1ページに収まりきらない。

そろそろ出掛ける時間なので、上になにか着ないと寒い。

(セーター着用)

着手しやすいところからと言うと、うにょんうにょん集を作るところですかね。

それから背景描きして、ラストが人物画かな。

その人物画も何処かに使うとなると…段々オタクな香りがしてきたなぁ。大丈夫なのか。

最近はまっていますが、ワンパンマンみたいな女性キャラが描けると良いんですけどね。参考までに。

そうすると、確実にアキバな世界になってしまうか。

たった一枚の絵とは言え、キャラクターデザインを考えなければ。

余談ですが、最近のロボは毎朝髪がぐちゃぐちゃです。

寝癖を直せ。

 

そろそろ千文字なので、いつもの宣伝を。

LuNa RhyThm Official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセスできるよ★。

 

アキバな世界観になるかどうかはわかりませんが、なんとかしてみます。まず今日帰ってきたらうにょんうにょん集を作ること、と。

 

では、See You Next Time! またね★。

 

 

 

 

 

 

 

著作権とかの話と、つづき

おはようございます。時間帯的にはこんにちは。クリエイターLuNa RhyThmさんのところの宣伝係、ロボです★。

 

著作権について調べてみました。

 

今日の宣伝的脅迫状だよ☆。

 

Twitterにも昨日書いたんですけど、JASRACの定義付ける日本の著作権は、音楽等を作った時点で制作者のもとに発生し、特に登録も必要ない、と言うことでした。

その著作物(作品)を、第三者が使いたいとなったとき、あまり複数の人から問い合わせがあって大変だと言うなら、JASRAC等の信託会社に著作権を信託して(お金を出して預かってもらって)、誰かがその著作物を使うと利用料を取って、著作者に利用料を払う、と言うものらしいです。

お金のやり取りが出てくるのが大変ですが、今回のLuNa RhyThmさん家のCD作りは、そんなに利益が延びるとは考えていないので、著作権は本人が管理しておきます。

それよりも重要なことがあるのです。

5月発表の予定のボカロアルバム「Wind  Words」ですが、この中から一作だけでも、途中までYouTubeアップしておこうかなと。

先日ニコニコ動画にも一般入会したのですが、動画投稿ボタンを発見したので、もし一般会員でも動画が投稿できるなら、動画作っておこうかなと思っております。

Short.verですね。途中で曲がフェードアウトする、よくあるの。

Shortとは言え、映像作りか…暇がっている時間が完璧なくなりました。忙しいのは良いことですけどね。

極力人物画を使わない、LuNa RhyThmさん風のYouTube映像と言うのは、模様画か、風景画か、イメージ写真、風景映像等を使用しています。

前回のMew曲「BlankーA」の時なんて、ほぼCG画像だったので、YouTubeへの読み込みが早くて助かりましたね。

頑張りましょうか。どの曲をプッシュするとかも考えねば。

普通に王道を行くなら2曲目ですよね。曲的に嫌いではないけど、あれの映像か…手がぬけないじゃないか。

今までも手をぬいてたわけじゃないんですけど、何処か妥協してた点はありました。

CD曲のアピールってこう言うプレッシャーもあるんですね。

みんな頑張ってるんだなぁ。ロボとLuNa RhyThmさんも、頑張ります。

報われるか報われないかと言うか、いつも思うんですけど、形のなかったなんだかふわふわしたものに、「存在」と言う形を与えるのが、クリエイターとしての意義だと思ってるんですよ。

自己満足と納期がそこに関わってくるのですが☆。

トーシロの間はね、自己満で良いんですよ。

もっと上のレベルを目指すと、果てのない旅路になるわけですが。何せ、人生かけることになるわけですから。

 

そろそろお腹が空いてきたので、ご飯を食べに行きます。紅鮭紅鮭

 

Twitter以外の更新がないけど、

LuNa RhyThm Official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセスできるよ★。

 

そうしてロボのお口は紅鮭用に出来上がって行く…禁断症状が出る前に食べに行きます。

 

では、See You Next Time! またね★。

 

追記:と思ったけど、この記事つまんないから続きを書こう。

進行状況としては、練習用に作ったLuNa RhyThmさんのUTAUボイスCDが普通にカッコよくて、このままこいつのCDを作ってしまってもありなんじゃないかい?と思ったくらいだけど、

まだ本人の声に関しては耳が肥えていないので、落ち着いた少年声で歌わせるならUTAUのほうが良いし、そこにニュアンスとか感情をのせるなら、やはり人声のほうが良いのではないかと言う、

前と同じ結論に至った。

練習頑張ろうぜ。普通にカッコいいUTAUなんだから、それをトレース(と言うのか?)するだけでもカッコよくはなるはずだ。って言うか、トレースできてないLuNa RhyThmさんの問題。

ヘボいなと思ってた伴奏も、久しぶりに聞くとそこそこなもので。

だけど、女声UTAUを作っていないので、デフォ子さんとかの歌声も入ってる。でも、それはそれでかっこいいと思うんだ。

低音はね、UTAUより本人のほうが深みのある声が出てると思う。

UTAUの低音だと、気合いのない声になる。

でも音域はあるから、発音は悪くない。ハキハキはしてないけど。

なんて言ったらいいんだ…おっとりした声。よく言えば。

UTAUボイスで歌わせてきれいな少年声になるのは太い高音だから、頑張れば同じ声が出るけど、その代わり喉の劣化も倍速くらい。

何事も練習ですな。

本人が歌うと癖が出るから、発音の癖を取らないと、音痴に聞こえる。でも、その癖が人声っぽさなのかと言えなくもない。

これは全体的に好みの問題ですね。

って言うか別名義の仕事の話だけどね。今回の追記。

なんとかレコーズって言う名前を作らなくちゃならないらしいので、とりあえず作っておいたけど、たぶん別名義も今回作ったレコーズ名で発表するので、大元はLuNa RhyThmでまとめられているわけです。

細かい字にスミノセと言う作業をすべきかどうか迷う。

白抜きも字にした方がいいような気もするし。

キリキリ進めよう。そして適度にだらけよう。

そんな、漫画喫茶でワンパンマンを全巻読破するかどうかを真剣に迷っているロボがお届けいたしました。

じゃ、また明日。