狂騒旋律

ロボからの素敵な脅迫状

殺菌開始より24時間経過

やぁ★ロボだよー。午後のお知らせ☆をお知らせします。

LuNa RhyThmさんが短編をまた一作書きました。

まだ、原稿書いただけでアップはしてません。

ヘリコの殺菌剤で気持ち悪くなっているロボが、プログラミングをできる気力が戻るまで待って下さい。

今回できた短編の内容

Michele’s storyによく出てくる、片眼鏡の老紳士が、どう言った経緯でアナザーワールドに住むことになったのかが書かれています。

結局あのシリーズ好きなんですね。時間をかけて執筆できるのは、物語を練ると言う意味ではとても有効なのですが、Michele’s storyに関係があっても、Michele(ミシェル)の出てこない物語は番外編として短編になってしまうのです。

本筋はMicheleのほうの物語ですから。

なら本編を書けって話ですけど、なんせ本編の準主人公が、まだまだ未熟者なので、筆を進めるのが難しいようです。

ヘリコ闘病記

殺菌剤を服用し始めてから、24時間以上が経過しました。ヘリコのバクタ―達にとっては、夕、朝、夕と3回の殺菌剤が投与されたことになります。

最初の気持ち悪さほど気持ち悪くはないけど、やっぱりカプセル3錠は胃に負担になるようです。

買い出し先のレジで並んでる時に急に吐きそうになって、咳でごまかして胃を駆け上がらんとする勇者達(たぶん逝き場を失ったヘリコ)を、息を止めて押し戻しました。

食欲はあんまりないんですけど、食べれば食べられるので、栄養を欲していないわけではないと言うことは分かります。

たぶん、ヘリコ達は、その生命の中で、抹殺と言う大ピンチを迎えているのでしょう。

バクタ―とロボは一緒には住めないのだよ…。ロボも一応有機体なので、毒素で胃壁をぼろぼろにするバクタ―とは共存は不可能です。

一つ気づいたんですけど、「胃が悪いとケプをする」って、ものの例えじゃなくて事実なんですね。ケプどころか、ごえっぷみたいな空気が上がってきたりしますけど。

胃袋で暴れている連中が食道付近まで逆流しているらしく、胸やけどころか、胸が痛くなる荒れ模様です。

状態が改善することを祈りながら、殺菌剤を定期的に投与し続けます。

雨だ

朝にゲリラ豪雨があったのを、眠りながら聞いていました。そして宵の入りを過ぎた現在も、また豪雨が。

胃袋にダメージを負う一方だったときは、体が胃の修復のためのエネルギーを欲していたらしく、すごく蛋白質が食べたくなって、眠るとなるとかなり長時間眠っていられたのですが、原因(ヘリコのバクタ―)が取り除かれつつある現在、そんなに眠ってられなくなりました。

ギターも弾きたいし、絵も描きたいし、音楽聞きたいし、色々意欲的になってきました。

でも、まだ胃が完全に治ったわけではないので、ヘリコを追い出して、胃壁が修復してくるまで油断は出来ません。

昨日のLuNa RhyThmさんは夢見が悪かったらしく、起きて速攻ギターをジャカジャカしてストレスをぶつけていました。

ロボsが時々いじっているこのギターさんは、結構丈夫だから、少し弦を荒く弾いてもチューニングがずれない良い子です。

ロボsの目標が、「この子の音をぎゅわんぎゅわんに歪ませること」なので、しばらくぶりにアンプにもつないでみたいです。

眠って無きゃ、時間はあるわけですからね。

茄子漬が食べたい

 祖母が亡くなってから一番困ったこと。

 漬物等の発酵食品を食べる機会が激減したこと。

今度浅漬け買お。

では★。

胃袋の中の戦争と胃袋の外の戦争の歴史

おはようございます。クリエイターLuNa RhyThmさんのアシスタントのロボです☆。

朝8時頃に起きて、ヘリコの殺菌剤はちゃんと飲みました。

副作用と言うほどではないのですが、この薬を飲むと少し持ち悪くなります★。

ヘリコとの闘病記?として、その変な気持ち悪さをつづっておきます。

殺菌剤

殺菌剤の入ったカプセルを3錠と、抗生物質を2錠飲みます。

飲むのは良いのですが、なんだか気持ち悪くなります。

今まで、ウニを殻ごと飲み込んだような痛さだった胃袋が、鉛の塊と化した様な痛さに変わります。

起きていられず横になると、吐き気のような気持ち悪さが起こります。

これを絶えしのぐと、お昼ごろには大体すっきりしています。

胃袋の中のウニの殻は消え去り、重い石のようなものを飲み込んだような痛さに変わります。

どのみち痛いんですけど、吐き気さえ我慢すれば…治ってきてるのかな? と思います。

まだ殺菌を始めて18時間くらいしか経過してないけど。

何故バクタ―達は

どんな病気にも言えますけど、何故自分が宿っている体を壊してしまうのでしょうかね。

ヘリコのバクタ―さんの場合は、毒素を出しているので胃が荒れてしまうと書かれていました(by はてなキーワード)。

宿主と共存できるのは、乳酸菌くらいなんですかね。

病と言うと

菌と言えば、欧州人が持ち込んだ天然痘により、インカやアステカの国の人々はだいぶ被害を出したそうですが、インカやアステカが滅んだのは、鉄の鎧や鉄器の武器、馬を使った俊敏な攻撃などで、人数の少ない欧州人によるインディオ達への虐殺が可能だったことが直接の原因のようです。

その他に、インカの王様が「こう言う手口で滅ぼされた場所(インカ帝国の一部)がある」と言う情報を知らなかったと言う事とか、スペイン人が一時的な襲撃をくわえに来たのではなく、それから長期にわたる支配を続けるためにアメリカ大陸へ来たのだと言うことを知らなかったとか、色々原因はありますね。

GODとか

インディオへの一方的な虐殺をしかけるとき、スペイン人は「神がこの戦いを許された。あなた達の野蛮な生活をただし、神の…」とか何とか言う、現代でいうなら、「生活様式の多様性」を認めない、「俺達だけ正しい」と言う主張の上で殺戮を行ったようで、その傲慢さが、今読書中の本にありありと記されていました。

詳しく書いてるとムカついてくるので全文は略しますが。

一神教が正しい」論が後世では通じなくなってくるので、「インカやアステカは天然痘で滅んだ」と言うことにしていたみたいです。

日本嫌いな人って、ことあるごとに日本に謝れとか言ってくるけど、虐殺とか卑怯な手を使うとかで言ったら、欧州人なんてコメツキバッタの如く謝らなきゃならない国や人種なんていっぱいいるじゃないかいな。

「神が命じた」だの、「神に許された」だの、現代でも真面目にそういう教育をしているキリスト教徒がいるから怖いよね。

自分で調べるって大事だなぁ。

暗い話題の次なので

今日の一曲

初音ミクで、「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています」


家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

面白系の歌で和んで下さい。

午後からの動き

買い出しに行ってきます。

それから、うちの作曲家さんはMew曲集のミキシングをなおして、今月中にアップする短編のアイデアでもひねってもらい、ロボはお腹を労わりながら読書の続きをします。

LuNa RhyThm official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセス☆!

 

では、See You Next Time! またね★。